Post Navigation

事の始まり、転勤命令

年末年始は床に臥せっていたのを言い訳に
すっかり更新が遅くなってしまいました…
さすが自分。スタートからグダグタです。
こんなんでブログを運営していけるのか?
と、書いてる自分がいちばん心配しています。

そして2回目の更新、事の始まりの転勤命令。

最初は時系列に進もうと思うので
とりあえず、もう少し中国生活の話は置いておきます。

 

転勤命令-1 
 
 
転勤命令-2

 

<<サトエコのヤル気スイッチ>>
下記画像をクリックしてくださると漫画を描く励みになります(^^ゞ
GIF_2
※ブログランキングにリンクが飛びますがご了承お願いします。

 

  1. しゃんリ 2014-06-25 at 2:57 PM

    はじめまして。上海駐妻予備軍です!笑
    もうそろそろかもよ…。といわれて、最近ではもっぱら上海情報を収集するのが趣味になっているのですが、そんなときにサトエコさんのブログも見つけて早速bookmarkしちゃいました♡
    不動産情報を見るのが一番の楽しみです。
    でも、いわゆる日本人向けサービスアパートメントだけには住みたくないと思っているので、読めない中国語の現地サイトに4つも登録しちゃいました。笑
    サトエコさんは、結局5000元からあげることが出来たのでしょうか。。。夫と二人で、結局どうなったんだろうね!?と興味シンシンです。
    予備軍から正式な駐妻になった際には、是非いろいろ教えていただきたいです★

  2. しゃんリさん
    初書き込み&閲覧、そしてブックマークまで…有難うございます!
    駐妻予備軍www
    ではでは、私の知っている範囲でアドバイスさせて頂きますね。
    上海の不動産は非常に稼働率が激しく、まず気に入った部屋の“保留”は使えないものと思った方がいいです。即日で決めなければ、次の日には入居者が決まる…なんて話は珍しくありません。人気物件なら尚更。
    そして日本と大きく違うことは、同じマンションでも部屋によって内装が全く違うこと。
    家具は勿論、備え付けの家電、清潔感すら全然違います。
    なので、ネットでの「いいな~」はあくまで“マンションの外観”しか参考にならず…
    つまり不動産に関しては
    実際上海に来て、その場で空いている部屋を自分の目で見て即日で決めるしかありません。
    完全に運と縁です。
    不動産会社は日本語の通じるところをお勧めします(特に日本人スタッフ常駐)
    中国の家の設備は壊れやすく、最初は言葉も大変なので大家さんとの間に入って細かなサービスを提供してくれますよ(^^)
    私は交渉の結果、6500元で落ち着きました。
    駐在員夫婦にしては、かなり安い方の物件です(^_^;)
    それでも毎年家賃が値上げされるので更新月はドキドキしています(笑)
    そんな感じで。
    また何かありましたらコメント下さいね(^^ゞ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation